■資金調達のための事業計画書
事業計画書の目的は様々ですが、こちらのコーナーでは投資会社、ベンチャーキャピタル(VC)・
投資意欲のある事業会社からの資金調達をその主目的として、作成をご説明します。
 
また作成した事業計画書は、資金調達の目的とともに会社社内、役員・社員への目標の提示としても有益なものです、事業計画作業は大変な作業になりますので、完成したものは多くの目的でも応用がすることが肝要です。

だだし、資金調達でも銀行からの融資による資金調達の事業計画とは性質が別のものになりますのでその点は留意して区別してお使いいただくと点をお願いします。

VC向け事業計画はVCのファンドをエクイティーファイナンスにて投資して、
株式公開後または、バイアウト(他社への売却)でキャピタルゲインを得るものですから
将来性が一番重要になります。

■事業計画書の基本
事業計画は基本的構成として
   その主たるものは、4つの構成になります。

@会社の現状事業と事実関係  
A今後会社をどう成長させていくかの記載
B現状会社のいるマーケット及び今後撃って出るマーケットの市場分析及び競合会社の調査
C事業計画数値の予想及びキャッシュフロー


■項目立てから見る例



以下、各業種別でご覧頂けます(PDF)。 ご希望の場合はこちらからお問い合せください。

@IT事業会社の事業計画例

   IT事業会社様が資金調達する場合の事業計画書の例 

Aサービス事業会社の事業計画例

  店舗展開などのサービス事業会社様が資金調達する場合の事業計画書の例

B製造業の事業計画例
  ものつくり製造業会社様が資金調達する場合の事業計画書の例必ず練り上げた営業戦略を盛り込みます。

C研究開発型企業の事業計画例

  ものつくり製造業会社様が資金調達する場合の事業計画書の例



■事業計画書に魂をいれるため兵法でのチェック


事業計画に魂を入れるために孫子の兵法の要素でチェックを
孫子の兵法 計篇
    「道」「天」「地」「将」「法」についてのチェックをいれる。

@道:事業を行うための道理、経営理念。これを全社員隅々までいきわたり、
    不動のものにします。世界に通じる経営理念は、理念の共感者を引き寄せますので
    大変重要なものです。

A天:事業を進めるタイミングをはかっていただきます。市場でリーダーとなる
    早すぎず、遅れないタイミングであるかをチェックします。

B地:事業のマーケットの地政学的、客観的分析、それによって自社の体力と
    戦うマーケットを良く選ぶ必要があります。

C将:人材の確保

D法:会社の基本的ルール


















事業計画作成事業について

事業計画作成事業
事業計画の項目
Kuno式 事業計画書の雛形
事業計画に魂を入れる
       孫子の兵法における事業計画書チェック
事業計画書の作成手順
Kuno式 事業計画作成のポイント
事業計画作成プログラム及び
           事業進捗管理プログラム
事業計画作成から資金調達の流れ

関連サイト

リッチメディア
トップゲート
HCM
ラクーン
クオンシステム
ダイユーエイト
ルボア
その他のサイト